ヒロハテンナンショウ


栃木県奥日光 2005.6.22

長野県鍋倉山 2004.6.13
          ヒロハテンナンショウ
サトイモ科テンナンショウ属
Arisaema amurense ssp. robustum

北海道、本州(福井県以北の主に日本海側)、
九州(北部)に分布する。
ブナ帯の林床などに生える高さ15〜50cm
の多年草。
葉は1個、小葉は5〜7枚で掌状につく。
花序は葉より下につき、小葉に鋸歯はない。
仏炎苞は黄緑色で白条がある。
群馬県は赤城山で、ふつうに観察できる。


      栃木県奥日光 2005.6.22

トップページへ  前ページへ