ヒサカキ


(雄花)
沖縄県 2016.2.29 画像をクリック
        ヒサカキ
ツバキ科ヒサカキ属
Eurya japonica

岩手県〜沖縄県まで広く分布
低地〜山地の林床・林縁などに生える
高さ3〜10mの常緑中高木。
葉は長さ3〜7cm、幅1.5〜3cmの楕状
長楕円形で先は尖る、
雌雄異株で2〜4月、葉腋に鐘形〜壺
形の白い小さな花をつける。
果実(液果)は直径4〜5.5mmの球形で、
10〜11月に黒紫色に熟す。
花は強い臭気がする為. 通りかかった
だけで、直ぐ同定できる。
珍しいランを観察した尾根で撮影する。


              (果実)
   群馬県 2015.12.2 画像をクリック

トップページへ  前ページ