ホソバガンクビソウ


長野県白馬山麓 2006.9.5
         ホソバガンクビソウ
キク科ガンクビソウ属
Carpesium divaricatum var.abrotanoides

山地〜亜高山帯の林内などに生える
高さ70〜100cmの多年草。
茎は上部で分枝し、下部の葉は長楕
円形でで先は尖る。
頭花はガンクビソウよりやや小さく、
直径約4〜9mm。
総苞は倒卵形で長さ約4〜5mm。
猿倉〜白馬尻の登山道沿いは多い。


     長野県白馬山麓 2006.9.5

トップページへ  前ページへ