ホソバヒメシャジン


長野県 2004.7.30 画像をクリック

長野県 2005.7.21

長野県 2015.8.18 画像をクリック
        ホソバヒメシャジン
キキョウ科ツリガネニンジン属
Adenophora nikoensis f. linearifolia

中部地方〜東北地方南部に分布
亜高山〜高山の礫地や岩場に生える
高さ10〜40cmの多年草。
葉は互生、披針形または狭長楕円形
で、先は尖り鋸歯がある。
萼片は細く、突起状の鋸歯がある。
7〜8月、総状花序に青紫色の花を1
〜数個下向きにつける。
葉が8mm以下で線形のものをホソバ
ヒメシャジンと呼び区別する。
東信の岩場にはこのタイプが多い。


    長野県 2004.7.30 画像をクリック

    長野県 2015.8.18 画像をクリック

    長野県 2015.8.18 画像をクリック

トップページへ  前ページへ