ホソバノヤマハハコ


長野県上田市 2008.10.5 画像をクリック

長野県上田市 2008.10.5 画像をクリック
        ホソバノヤマハハコ
キク科ヤマハハコ属
Anaphalis margaritacea ssp. japonica

長野県以西、四国、九州に分布
日当たりのよい山地の草原などに生える
高さ20〜40cmの多年草。
葉は互生、長さ6〜9cm、幅2〜4mmの線
状披針形で、3脈がある。
基部は茎を抱き、裏面に綿毛が密生して
白色、あまり分枝しない。
8〜10月、 枝先に頭花をつけ、総苞片は
白い花びらのように見える。
長野県は1992年8月、 奥原弘人氏が上
高地で最初に気づかれた。
長野県は標高の高い場所で観察できる。


  長野県上田市 2008.10.5 画像をクリック

トップページへ  前ページへ