ホザキツキヌキソウ


 (果実) 山梨県 2003.6.1 画像をクリック

山梨県  2004.5.21 画像をクリック

(クマ糞)
山梨県 2009.5.23 画像をクリック

(蕾に見えるのは最上部の葉身?)
山梨県 2012.5.27 画像をクリック

山梨県 2014.6.5 画像をクリック

山梨県 2014.6.5 画像をクリック

山梨県 2014.6.5 画像をクリック

山梨県 2014.6.5 画像をクリック

(果実)
山梨県 2014.8.30 画像をクリック

山梨県 2015.6.1 画像をクリック

山梨県 2015.6.1 画像をクリック
       ホザキツキヌキソウ
スイカズラ科ツキヌキソウ属
Triosteum pinnatifidum

日本は山梨県の南アルプスに分布
山地の落葉樹林内などにごく稀に生える
高さ20〜30cmの多年草。
全体に開出する長軟毛が密生し、 上部
に短腺毛がある。
葉身は倒卵状菱形で、羽状に深裂する。
幼株は楕円形で、羽状にならない
5〜6月、淡緑褐色の唇形花をつける。
この植物が見たくて何度も登っているが、
なかなか花には出合えない
果実(石果)はほとんど球形、熟すと白く
なり、とっても美しい。
付近には「熊出没注意」の大きな看板が
あり、撮影中も緊張が走る。


            (小さな個体は幼株)
  (蕾) 山梨県 2003.5.25 画像をクリック

        (果実) 山梨県 2003.8.3

       (2009年は幼株5個体を確認)
    山梨県 2009.5.23 画像をクリック

    山梨県 2012.5.27 画像をクリック

    山梨県 2014.6.5 画像をクリック

    山梨県 2014.6.5 画像をクリック

    山梨県 2014.6.5 画像をクリック

             (果実)
   山梨県 2014.8.30 画像をクリック

             (果実)
    山梨県 2014.8.30 画像をクリック

    山梨県 2015.6.1 画像をクリック

    山梨県 2015.6.1 画像をクリック

トップページへ  前ページへ