イボタクサギ


沖縄県(西表島) 2008.12.13 画像をクリック
       イボタクサギ
クマツヅラ科クサギ属
Clerodendrum inerme

別名:ガシャンギ
トカラ列島以南、沖縄県に分布
湿地・海岸の砂浜・林縁などに生える
半つる性の常緑低木。
葉は対生し、葉身は長楕円形〜卵状
楕円形で全縁、皮質で多肉質。
ほぼ通年、 葉腋から集散花序を出し、
香りのある白い花をつける。
花冠は筒状、花糸や花柱は紫紅色を
帯び、花冠から突き出る。
オヒルギなどの生えるマングローブの
後背湿地に点在していた。


     沖縄県(西表島) 2008.12.13

トップページへ  前ページへ