イヌビワ


(果実)
静岡県下田市 2004.11.3

(果実)
沖縄県 2016.2.28
        イヌビワ
クワ科イチジク属
Ficus erecta

関東地方南部以西、四国、九州に分布
山地や丘陵地などに生える高さ3〜5mの
雌雄異株の落葉小高木。
葉は互生、葉身は長卵状楕円形、 先は
急に尖り、基部は円形で全縁。
4〜5月、葉腋に花嚢が1個ずつつく。
イヌビワの受粉はイヌビワコバチが重要
な役割を果たしている。
日本テレビの 「目がテン!」で実の中に
花?イチジクが放映された。
イチジクやイヌビワの知らざる生態が解
明され、とても勉強になった。
今日(2005.9.11)の放送を記念してイヌビ
ワの画像をアップする。
山口県はダルマギクの咲く島のあちこち
で、緑褐色の実をつけていた。


             (果実)
    山口県 2005.11.13 画像をクリック

             (果実)
        沖縄県 2016.2.28

トップページへ  前ページへ