イヌドウナ


長野県下水内郡 2007.7.8 画像をクリック

長野県下水内郡 2007.9.18 画像をクリック
        イヌドウナ
キク科コウモリソウ属
Parasenecio hastatus var. tanakae


中部地方〜東北地方に分布するヨブ
スマソウ
の変種。
深山の湿り気のある所に稀に生える
高さ1〜2mの多年草。
茎の中部の葉は三角状腎形、 葉柄
には広い翼があり、広く茎を抱く。
葉は長さ18〜22cm、幅3〜5cmの三
角状腎形で先は尖る。
8〜10月、 茎頂の大きな円錐花序に
多数の頭花をつける。
北信地方はウトブキ(ウドブキ)と呼び、
山菜として珍重される。
左右下の画像は花期を過ぎていた。


     長野県下水内郡 2007.9.18

  長野県下水内郡 2007.9.18 画像をクリック

トップページへ  前ページへ