イヌムラサキ


長野県東御市 2005.4.4 画像をクリック

長野県東御市 2005.4.4 画像をクリック
       イヌムラサキ
ムラサキ科イヌムラサキ属
Lithospermum arvense

乾いた草地・路傍などにやや稀に生える
高さ15〜50cmの越年草。
茎は基部から枝を出し、剛毛が多い。
4〜6月、 直径4mmほどの白色から淡紅
色、淡青色の花を葉腋につける。
日本には第二次世界大戦後頃から港湾
地などに帰化が知られるようになった。
古くから日本に自生していたとも伝えられ
るが、帰化したイヌムラサキもあり、両種
の区別は難しい
東御市はトウダイグサ、オオイヌノフグリ、
ヒメオドリコソウ、 ホトケノザ、ナズナなど
の帰化植物と生育していた。
長野県版 レッドデータブックの評価は絶
滅危惧TA類と極めて高い。


     長野県東御市 2005.4.16

      長野県東御市 2005.4.4

トップページへ  前ページへ