イヌタヌキモ


長野県上水内郡 2006.9.5 画像をクリック

長野県上水内郡 2006.9.5 画像をクリック

長野県上水内郡 2006.9.5 画像をクリック
         イヌタヌキモ
タヌキモ科タヌキモ属
Utricularia australis

全国の湖沼、ため池などに生育する
多年生の浮遊植物。
水中に浮んでいる形全体を狸のしっ
ぽに見立てことに由来する。
水中に小さな袋があってミジンコなど
を捕まえる食虫植物。
7〜9月、花茎の先に淡黄色の花を
3〜10個つける。
角野康郎博士は今まで国内でタヌキ
モと同定された多くはイヌタヌキモで
あり、特に本州以西は殆どがイヌタヌ
キモであると「日本水草図鑑」で記述
している。
群馬県は開発や農薬散布の影響で、
多くの水草が消滅した。
イヌタヌキモの見られるため池や湖
沼も今は殆どない


     茨城県東茨城郡 2002.8.28

     茨城県東茨城郡 2002.8.28

トップページへ  前ページへ