イシモチソウ


千葉県成東湿原 2006.6.28
         イシモチソウ
モウセンゴケ科モウセンゴケ属 
Drosera peltata var. nipponica

関東地方以西、四国、九州に分布。
日当たりの良い低湿地などに生える高さ
10〜30cmの多年草。
葉の腺からでる粘液で昆虫を捕らえる食
虫植物、根生葉は花期には枯れる。
茎葉はまばらに互生し、三日月形で、葉
柄に楯状につく。
茎は単一、上部で枝分かれする。
5〜7月、先端に花序をつけ、直径1〜2
cmほどの白色の花をつける。
成東湿原は随所で観察できる。


     千葉県成東湿原 2006.6.28

トップページへ  前ページへ