イチヨウラン


 長野県蓼科山 2004.5.22

山梨県南アルプス市 2008.6.25 画像をクリック

長野県 2013.6.27 画像をクリック

長野県 2013.6.27 画像をクリック

山梨県 2014.7.16 画像をクリック

山梨県 2014.7.16 画像をクリック
       イチヨウラン
ラン科イチヨウラン属
Dactylostalix ringens

北海道から九州まで分布
深山の林床や林縁などにやや稀に生える
高さ10〜20cmの多年草。
やや暗い針葉樹林のコケの中を好む。
地下茎は短く這って仮軸分枝し、その近く
から1枚の葉と1本の花茎をだす。
葉は長さ3〜6.5cm、幅3〜4.5cmの卵円形
で、根元に1枚つく。
5〜7月、紅紫斑のある花を1個つける。
和名は1枚の葉に由来する。。
稀に白色の唇弁に赤点を1〜数個つける
.清楚なイチヨウラン《変異》もある。


    長野県蓼科山 2004.5.22 画像をクリック

    山梨県南アルプス市 2008.6.25

    長野県 2013.6.27 画像をクリック

    長野県 2013.6.27 画像をクリック

   山梨県 2014.7.16 画像をクリック

   山梨県 2014.7.16 画像をクリック

トップページへ  前ページへ