イヤリトリカブト


長野県居谷里湿原 2006.9.5 画像をクリック

長野県居谷里湿原 2006.9.5 画像をクリック

長野県居谷里湿原 2006.9.5

長野県居谷里湿原 2006.9.5 画像をクリック
       イヤリトリカブト
キンポウゲ科トリカブト属
Aconitum japonicum ssp. maritimum var. iyariense

1983年に大町市の居谷里湿原で採集さ
れた標本に基づいて命名された。
多雪地帯の湿地や小川に沿った場所に
生える高さ100〜300cmの多年草。
茎はよく分枝し、つる状に伸びる。
葉は互生し、葉身は掌状に3深裂し、裂
片の縁は鋸歯状になる。
花冠は兜状で青紫色、 花柄には曲がっ
た毛が生える。
居谷里湿原や飯綱原などに分布する。


          (花柄≪花梗≫は屈毛)
  長野県居谷里湿原 2006.9.5 画像をクリック

    長野県居谷里湿原 2006.9.5

   長野県居谷里湿原 2006.9.5 画像をクリック

トップページへ  前ページへ