ジョウシュウキオン


群馬県谷川岳 2008.7.29 画像をクリック

群馬県谷川岳 2008.7.29 画像をクリック
       ジョウシュウキオン
キク科キオン属
Senecio nemorensis f. subinteger HARA

谷川連邦特産種
群馬県植物誌には「キオンに比べ、葉の
へりが全縁である。」との記述がある。
谷川連邦の草地・林縁などに稀に生える
高さ50〜100cmの多年草。
葉は互生し、広披針形で、切れ込まない。
葉の裏面は濃紫色を帯び、 葉の縁には
浅い鋸歯があるかまたは全縁。
7〜8月 茎の上部で分枝し、黄色の頭花
を散房状に多数つける。
全縁の個体を求め、 何度も訪れている
が、一度も出合ったことはない
葉のへりが全縁のものを呼ぶのであれ
ば、画像の個体は疑問が残る。


       (唯一全縁?だった最下部の葉)
    群馬県谷川岳 2008.7.29 画像をクリック

           (葉裏は濃紫色)
      群馬県谷川岳 2008.7.29

トップページへ  前ページへ