カイフウロ


群馬県 2004.8.12

群馬県 2005.9.8 画像をクリック

群馬県 2010.8.24 画像をクリック

群馬県 2016.7.30 画像をクリック
        カイフウロ
フウロソウ科フウロソウ属
Geranium shikokianum var. kaimontanum

山梨・埼玉・長野・群馬県に分布
山地の林縁や草地などにやや稀に生える
高さ20〜50cmの多年草。
イヨフウロの変種で、葉の裂片が尖り、全
体に毛が少ない。
8〜9月、紅紫色の美しい花をつける。
花弁は濃紅色の脈が目立つ。
和名は甲斐風露で、甲斐(山梨県)の三ツ
峠で発見されたことに由来する。
カイフウロの存在を知らなかった昔、群馬
県のSSさんに質問した事がある。
図鑑に記載のカイフウロは毛が少なく、萼
片に開出毛は無いとされるが、 群馬県南
西部の個体群は萼片に開出毛がある。
この疑問をSSさんに問合せたことが縁で、
今でも親しくお付き合いしている。
そんなこともあって、 ゲラニュームの中で
は最も好きな花である。


     群馬県 2005.9.8 画像をクリック

    長野県 2009.8.12 画像をクリック

    群馬県 2010.8.27 画像をクリック

    群馬県 2016.7.30 画像をクリック

トップページへ  前ページへ