カイコバイモ



東京都 2004.3.21 画像をクリック

東京都 2000.3.28

静岡県 2007.3.10

静岡県 2007.3.10 画像をクリック

静岡県 2007.3.10

静岡県 2007.3.10 画像をクリック

静岡県 2008.3.23 画像をクリック

静岡県 2009.3.15 画像をクリック
       カイコバイモ
ユリ科バイモ属
Fritillaria kaiensis

山地の落葉樹林下などに極めて稀に生える
高さ10〜15cmの多年草。
対生する2個の葉と輪生する3個の葉がある。
3〜4月、 茎頂に1個の広鐘形の白い花をや
や下向きにつける。
花披片は淡紫色の網目状の班紋がある。
内面には黄色の班紋があって、 葯は白色。
和名は甲斐 (山梨県) のコバイモ(小さな貝
母)に由来する。
静岡、山梨、東京都に分布するが、山地は
極めて少なく、なかなか出合えない。
今までコバイモとして一括されていたものが
分類され、 1979年、鳴橋直弘氏によって新
種として発表された。
2000年は早朝4時20分に自宅を出発、念願
のカイコバイモを撮影する。(ビデオ画像)
2000年〜2004年まで5年つづけて訪れた。
東京は希少種が意外に多く、これまでカワラ
ノギク、ムヨウラン、タシロラン、サガミランモ
ドキ、ヤマウツボ、マヤラン、アキザキヤツシ
ロランなどを見ている。


        東京都 2004.3.21

    東京都 2004.3.21 画像をクリック

    静岡県 2007.3.10 画像をクリック

    静岡県 2007.3.10 画像をクリック

        静岡県 2008.3.23

    静岡県 2007.3.10 画像をクリック

    静岡県 2009.3.15 画像をクリック

トップページへ  前ページへ