カメバヒキオコシ


群馬県多野山地 2005.9.14 画像をクリック

群馬県多野山地 2006.9.4
           カメバヒキオコシ
シソ科ヤマハッカ属
Rabdosia umbrosa var. leucantha

東北地方南部〜中部地方に分布
山地の林縁や木陰などにふつうに生える
高さ60〜90cmの多年草。
葉は互生、卵円形で鋸歯があり、先端は
3裂し、中央の裂片は尾状に伸びる。
9〜10月、枝先の花穂に青紫色の小さな
唇形花を多数つける。
和名は裂片の尾状を亀の尾に見立てた
ことに由来する。
多野山地ではふつうに観察できる。


     群馬県多野山地 2006.9.4

         (カメバヒキオコシの霜柱)
   群馬県多野山地 2008.11.20 画像をクリック

トップページへ  前ページへ