カノコソウ


北海道 2014.7.10 画像をクリック

北海道 2014.7.10 画像をクリック
       カノコソウ
オミナエシ科カノコソウ属
Valeriana fauriei

九州〜北海道まで広く分布
山地のやや湿った草地などに生える
高さ40〜80cmの多年草。
葉は羽状に全裂、 裂片は卵状楕円
形で、縁には粗鋸歯がある。
5〜7月、 茎上部の集散花序に淡紅
色の小さな花を多数つける。
和名は白と紅の花を 「鹿の子模様」
のに見立てた事に由来する。
エゾモメンヅル、ネムロシオガマなど
を撮影した海岸に咲いていた。
よく似たツルカノコソウは関東地方や
長野県でも観察できる。


    北海道 2014.7.10 画像をクリック

トップページへ  前ページへ