カンザシイヌホウズキ


静岡県熱海市 2007.12.10 画像をクリック

(果実) 静岡県熱海市 2007.12.10
         カンザシイヌホウズキ
ナス科ナス属
Solanum americanum (学名はテリミノイヌホオズキ)

北アメリカ原産の帰化植物
路傍、荒れ地、畑地などにふつうに生える
高さ50〜80cmの1年草。
葉は長さ5〜10cmの卵形〜広披針形、両
面に短毛が目立つ。
テリミノイヌホウズキの1形態といわれてい
るが、果実は上向きにつく。
テリミノイヌホウズキの果実は垂れ下がる
ので、本種とは区別できる。
6〜12月、白色の花を横向きにつける。
和名は上向きにつく果実の様子を簪に見
立てたことに由来する。
市道沿いの林縁で、ひっそり咲いていた。


    (果実) 静岡県熱海市 2007.12.10

トップページへ  前ページへ