カラスノエンドウ


群馬県甘楽郡 2006.5.6
         カラスノエンドウ
マメ科ソラマメ属 
Vicia angustifolia

別名:ヤハズエンドウ
道ばたや畑、原野などにふつうに生える
長さ80〜120cmのつる性の越年草。
葉は8〜16個の小葉からなる。
小葉は長さ2〜3cnの狭倒卵形で、先端
は矢筈状にへこむ。
3〜6月、葉腋に紅紫色の花をつける。
豆果は斜上し、 扁平で長さ3〜6cm、中
には5〜10個の種子が入っている。
子供の頃、豆果を 「しびびい」と呼んで、
草笛を作ったのが、懐かしい


       群馬県甘楽郡 2008.4.1

トップページへ  前ページへ