カラスノゴマ


栃木県渡良瀬遊水地 2005.9.22
        カラスノゴマ
シナノキ科カラスノゴマ属
Crehoropsis tomentosa

低地〜山地の湿地などに生える
高さ30〜90cmの1年草。
葉は互生、長さ2.5〜7cm、幅1.5
〜3.5cmの卵形。
8〜10月、上部の葉腋に黄色の
花を1個ずつつける。
和名は種子をカラスの食べるゴ
マに例えたとの説がある。
遊水地はワタラセツリフネソウ
近くに点在していた。


    群馬県高崎市 2011.9.26 画像をクリック

トップページへ  前ページへ