カワチスズシロソウ


大阪府南河内郡 2008.4.27 画像をクリック

大阪府南河内郡 2008.4.27
         カワチスズシロソウ
アブラナ科ヤマハタザオ属
Arabis flagellosa var.kawachiensis

スズシロソウの変種で河内特産種
山地のやや湿り気のある斜面などに生える
高さ15〜25cmの多年草。
根出葉は倒卵形〜へら形で、長さ3〜7cm、
茎葉は1〜2cm、粗い鋸歯がある
母種のスズシロソウは花後、走出枝を出す
が、本種は出さない。
4〜5月、総状花序に白色の花をつける。
目的のカワチスズシロソウは沢沿いの斜面
で、ひっそり咲いていた。
ご案内いただいた大阪のM谷さんには記し
て感謝の意を表したい。


 大阪府南河内郡 2008.4.27 画像をクリック

     大阪府南河内郡 2008.4.27

トップページへ  前ページへ