カワセミソウ


京都府 2008.4.26 画像をクリック

京都府 2008.4.26 画像をクリック

京都府 2008.4.26 画像をクリック
        カワセミソウ
ゴマノハグサ科サギゴケ属
Mazus quadriprotuberans

1998年5月、米澤信道氏が京都で発見
2000年秋、「植物地理・分類研究第48巻1号」
で新種として発表した。
低地の草地や路傍などに極めて稀に生える
草丈5〜10cmの1年草または越年草。
葉は倒卵形で長さ2〜5cm、縁には粗鋸歯が
あり、先は鈍頭。
4〜5月、頂茎に青紫色の花をつける。
花冠は筒状部が2〜2.5cmと長く、内側が白く
黄色の斑紋がある。
下唇に4本の隆起帯があり、 筒状部は著しく
長く、先はくびれる。
毎年、年賀状で観察予定の重点目標を掲げ
ているが、本種もそのひとつである。
夜行バスを利用しての長旅だったが、カワセ
ミソウを見た瞬間、眠気も吹っ飛んだ。
群生するムラサキサギゴケの近くで、 たった
1株咲きはじめていた。
下見して頂いたmさん、ご一緒したYasukoさん
には深く感謝したい。
mさんありがとう Yasukoさん感激したね。


    京都府 2008.4.26 画像をクリック

        京都府 2008.4.26

   京都府 2008.4.26 画像をクリック

トップページへ  前ページへ