ケブカツルカコソウ


長野県霧ヶ峰 2004.6.24
          ケブカツルカコソウ
シソ科キランソウ属
Aiuga shikotanensis f. hirsuta

1931年、伊沢一男氏が八ヶ岳山麓
稲子牧場で発見。
関東地方〜中部地方の草原などに
生える高さ10〜30cmの多年草。
和名は全体に粗い毛が生え、花の後
走出枝をのばし、夏枯草(ウツボグサ)
に似た花をつけることに由来する。
茎の上部の苞のわきに淡紫色の唇
形花を輪状につける。
霧ヶ峰では容易に見ることができる。

トップページへ  前ページへ