ケラマツツジ


沖縄県(本島) 2007.3.18
          ケラマツツジ
ツツジ科ツツジ属
Rhododendron scabrum

奄美大島以南、沖縄に分布。
山地の岩上、林縁、崖地などに生える
高さ1〜2mの常緑低木。
葉は互生、葉身は楕円形〜長楕円形。
質は厚く、光沢があり、伏毛が多い。
2〜4月、枝先に朱赤色の花をつける。
花冠は直径6〜8cmの漏斗形。
和名は沖縄県慶良間諸島で発見され
たことに由来する。
展望台付近に植えられていたが、自
生種に拘る筆者は写さなかった。
その時、同行のKさんが、林縁に咲い
ているケラマツツジを発見する。


  沖縄県(本島) 2007.3.18 画像をクリック

トップページへ  前ページへ