キバナハシリドコロ


 群馬県多野山地 2006.5.9

長野県佐久市 1999.4.21

長野県佐久市 1999.4.21

長野県佐久市 1999.4.21

群馬県 2011.5.7 画像をクリック

群馬県 2012.4.28 画像をクリック

群馬県 2014.4.27 画像をクリック

(暗紫色/黄色の競演)
群馬県 2014.4.27 画像をクリック
       キバナハシリドコ
ナス科ハシリドコロ属
Scopolia japonica f. lutea

山地の湿った林床・沢沿いに稀に生える
高さ30〜60cmの多年草。
4〜5月、葉腋に黄色の花をつける。
葉や根茎など全体にアルカロイドのスコ
ポラミンを含む猛毒植物。
初めてこの花を見たときの印象は鮮やか
な黄色に園芸種が逸出?だった。
(1996.5.3)
帰ってから調べた図鑑で、キバナハシリド
コロと知り、喜んだ記憶がある。
毎年、 開花を楽しみにしていたが、別荘
地造成により絶滅した。(2002)
埼玉県の両神山系でも観察している。


   群馬県多野山地 2011.5.7 画像をクリック

      長野県佐久市 1999.4.21

     群馬県 2011.5.7 画像をクリック

    群馬県 2012.4.28 画像をクリック

    群馬県 2014.4.27 画像をクリック

    群馬県 2014.4.27 画像をクリック

トップページへ  前ページへ