キバナハタザオ


群馬県多野山地 2005.6.24 画像をクリック

群馬県多野山地 2007.6.7

長野県伊那市 2010.6.29 画像をクリック

群馬県奥多野 2011.6.22 画像をクリック

群馬県 2012.6.28 画像をクリック

群馬県 2014.6.16 画像をクリック

       
キバナハタザオ
アブラナ科キバナハタザオ属
Ssymbrium luteum

関東〜中部、九州に隔離分布
山地の林縁などにやや稀れに生える
高さ30〜120cmの多年草。
茎は直立し、時に上部で分枝する。
下部の葉は頭大羽状に裂けるが、中
部以上の葉は卵形〜卵状披針形、
縁に波状の鋭鋸歯がある。
6〜7月、 総状花序に黄色の花をやや
密につける。
日本では1種1属の珍しい植物である
が、長野・群馬は随所で見られる。


     群馬県多野山地 2005.6.24

   群馬県多野山地 2005.6.24 画像をクリック

      長野県伊那市 2010.6.29

   群馬県奥多野 2011.6.22 画像をクリック

    群馬県 2012.6.28 画像をクリック

   長野県 2015.6.17 画像をクリック

トップページへ  前ページへ