キバナコウリンタンポポ


北海道 2014.7.8 画像をクリック

北海道 2014.7.8 画像をクリック
        キバナコウリンタンポポ
キク科ヤナギタンポポ属
Pilosella caespitosa

ヨーロッパ原産の帰化植物
荒れ地、休耕地。林道沿いなどに生える
高さ30〜80cmの多年草。
葉は長さ3.5〜13cm、幅1〜2.5cmの披針
形〜長楕円形で、開出毛が多い。
6〜8月、 茎頂に黄色の頭花 (舌状花)を
複散房状に多数つける。
北海道は林道沿いの休耕地に群生して
いたが、長野県は法面に帰化。


    長野県 2014.7.16 画像をクリック

     北海道 2014.7.8 画像をクリック

トップページへ  前ページへ