キマダラサクラスミレ(仮称)


長野県 2011.5.31 画像をクリック
       キマダラサクラスミレ(仮称)
スミレ科ミヤマスミレ類
Viola hirtipes (学名はサクラスミレ)

山地の落葉樹林〜草原まで広範囲で
見られる大型のスミレ。
花は丸弁で、淡紅紫色〜青紫色まで
変異が多い。
和名は花の色からではなく、花弁の先
端が切れ込むように凹んで「桜の花び
ら」を思わせることに由来する。
しかし、はっきり凹んだものは少ない。
長野県の高原で観察した個体は葉に
美しい黄色の斑が入っていた。
黄斑が入ることからキマダラサクラス
ミレ(仮称)として紹介したい。


   長野県 2011.5.31 画像をクリック

トップページへ  前ページへ