キミノアオキ


(果実)
東京都 2011.5.5 画像をクリック
       キミノアオキ
ミズキ科アオキ属
Aucuba japonica f. luteocarpa

アオキの1品種
照葉樹林内や落葉樹林などに生える
高さ2〜3mの常緑低木。
樹皮は緑色で灰褐色の細い溝があり、
横長の皮目がある。
葉身は長さ10〜25cm、幅2〜12cmの
卵状長楕円形で、先は尖る。
3〜5月、前年枝の枝先に円錐花序を
出し、紫褐色の花をつける。
果実は核果、長楕円形または卵状長
楕円形で、12〜5月に黄色に熟す。
果実 (核果)の黄色いタイプをキミノア
オキと呼び、区別する。
産地は少なく、中々出合えない。


              (果実)
     東京都 2011.5.5 画像をクリック

トップページへ  前ページへ