キミノセンリョウ


(果実)
沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック

(果実)
沖縄県 2014.12.13 
画像をクリック
       キミノセンリョウ
センリョウ科センリョウ属
Chloranthus glaber f. flavus

センリョウの1品種で東海地方以西、
四国、九州、沖縄に分布
暖地の低地〜山地の林内に生える
高さ50〜100cmの常緑小低木。
葉身は長さ9〜15cm、 幅4〜6cmの
長楕円形で、先は尖る。
6〜7月、 枝先に小さな花(両性花)
を集まって多数つける。
果実(核果)は直径5〜7mmの球形
で、12〜3月、黄色に熟す。
西表で観察したが、数は少ない。


                (果実)
  沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック

              (果実)
    沖縄県 2014.12.13 画像をクリック

トップページへ  前ページへ