キンキエンゴサク


大阪府南河内郡 2008.4.27
        キンキエンゴサク
ケシ科キケマン属
Corydalis lineariloba var. papilligera

ヤマエンゴサクの変種で、関東、東海、
近畿地方に分布

山野の林内や林縁などに普通生える
高さ10〜20cmの多年草。
葉は柄があり、2〜3回3出複葉、小葉
は卵形〜披針形で3〜4裂する。
苞が切れ込むのが本種の特徴である。
4〜5月、 茎頂に青紫色(筒形)の花を
総状に多数つける
ヤマエンゴサクに似るが、種子に乳状
突起がある点や刮ハが楕円形(扁平)
であることなどで区別できる。
金剛山は随所で群落を形成している。


 大阪府南河内郡 2008.4.27 画像をクリック

トップページへ  前ページへ