キリシマエビネ


東京都伊豆七島 2008.5.10 画像をクリック

東京都伊豆七島 2008.5.10 画像をクリック
       キリシマエビネ
ラン科エビネ属
Calanthe aristulifera var. kirishimensis

伊豆諸島、紀伊半島、四国、九州に
隔離的に分布する。
常緑樹林の林床にごくまれに生える
高さ30〜40cmの多年草。
葉身は長さ20〜30cm 、幅3〜4cmの
倒卵状披針形、常緑で越冬する。
4〜5月、 花茎の上部に淡紅色〜白
色の花を多数つける。
萼片と花弁はあまり平開せず、やや
下向きに咲く。
キリシマエビネが見たくて、伊豆七島
のとある島をを訪ねた。
強風と雨の中、 この美しいランは尾
根付近の斜面に咲き誇っていた。
初めて見る植物に感激、写すのも忘
れ、しばらく眺めていた。
この貴重なランが島から消えないこ
と願いつつ、自生地を後にする。


 東京都伊豆七島 2008.5.10 画像をクリック

 東京都伊豆七島 2008.5.10 画像をクリック

トップページへ  前ページへ