キヨスミヒメワラビ


沖縄県(本島) 2007.3.18

群馬県藤岡市 2007.12.16
        キヨスミヒメワラビ
オシダ科カツモウイノデ属 
Ctenitis maximowicziana

別名:シラガシダ
関東地方以西、四国、九州に分布
低地〜山地の林床にやや稀に生える
長さ40〜60cmの常緑性シダ。
葉柄基部の鱗片は卵形、鱗片は葉の
若い間は白色半透明、後に褐色。
葉身は広卵状長楕円形、3回羽状中
裂〜深裂し、鮮や緑色。
胞子嚢群は裂片の辺縁近くにつく。
長野県版RDBでは絶滅危惧U類とし
て評価されている。


     群馬県藤岡市 2007.12.16

     群馬県藤岡市 2007.12.16

トップページへ  前ページへ