コアニチドリ


福島県尾瀬 2009.7.23 画像をクリック

福島県尾瀬 2009.7.23 画像をクリック
        コアニチドリ
ラン科ヒナラン属
Amitostigma kinoshitae

中部地方以北、北海道に分布
1919年、木下友三郎氏が秋田県上
小阿仁村小阿仁川で発見
湿原のミズゴケや岩隙などに生える
高さ10〜20cmの小型のラン。
葉は長さ4〜10cm、幅4〜8mmの広
線形で、先はやや尖る。
6〜8月、白色で、唇弁の基部に2裂
の紅紫班のある花をつける。
和名は発見地の小阿仁に因む。
広い尾瀬でも産地は限られていて、
中々出合えない。


    福島県尾瀬 2009.7.23 画像をクリック

   福島県尾瀬 2009.7.23 画像をクリック

トップページへ  前ページへ