コバノボタンヅル


神奈川県中郡 2006.10.4 画像をクリック

神奈川県中郡 2006.10.4
         コバノボタンヅル
キンポウゲ科センニンソウ属
Clematis pierotii

別名:メボタンヅル
四国、九州、神奈川県に隔離分布
丘陵地〜山地の林縁にやや稀に生える
つる性の落葉半低木。
葉は2回3出複葉、小葉は卵形で3裂して
縁の鋸歯は目立たない。
8〜10月、 葉腋から円錐花序をだし、白
色の花を1〜3個、上向きにつける。
神奈川県は湘南に自生するが、産地は
ごく限られている。


     神奈川県中郡 2006.10.4

トップページへ  前ページへ