コバノコゴメグサ


長野県八ヶ岳 2005.7.24
         コバノコゴメグサ
ゴマノハグサ科コゴメグサ属
Euphrasia matsumurae

別名ヒメコゴメグサ
関東地方北部、秩父山地、八ヶ岳、南アルプス
に分布する日本固有種。
高山帯の乾いた草地に生える高さ3〜10cm
の半寄生の1年草。
葉は長さ6〜13mmで、幅より少し長い。
萼は上下で中裂し、裂片は浅く切れ込む。
茎に腺毛と屈毛が密生し、萼裂片の先がまるい。
花冠は長さ8〜11mm、花柱は外へ突き出る。
コゴメグサの同定はいつも一苦労する。


      長野県八ヶ岳 2005.7.24

トップページへ  前ページへ