コギシギシ


栃木県佐野市 2007.5.10 画像をクリック

(波打つ葉身) 
栃木県佐野市 2007.5.10

群馬県藤岡市 2010.5.8 画像をクリック

群馬県藤岡市 2011.5.28 画像をクリック

群馬県 2014.5.26 画像をクリック]

群馬県 2016.5.1 画像をクリック
       コギシギシ
タデ科ギシギシ属
Rumex nipponicus

関東地方以西、四国、九州に分布
低湿地・休耕田・河川敷などに稀に生える
高さ30〜70cmの多年草。
葉はエゾノギシギシやナガバギシギシより
も細く、長さ4〜6cmと小さい。
下部の葉は長い葉柄があり、縁は波打ち、
基部は切形で先は丸い。
果実の翼は長卵形で、縁には鋸歯がある。
4〜5月、淡緑色の花を輪生状につける。
よく似ているエゾノギシギシは葉裏の脈上
に短毛があるが、本種は無毛。
産地は少なく、なかなか出合えない。
環境省評価<2007年>:絶滅危惧U類


   栃木県佐野市 2007.5.10 画像をクリック

   群馬県藤岡市 2011.5.28 画像をクリック

   群馬県藤岡市 2011.5.28 画像をクリック

    群馬県 2014.5.26 画像をクリック

    群馬県 2014.5.26 画像をクリック

     群馬県 2016.5.1 画像をクリック

トップページへ  前ページへ