コハクラン


長野県八ヶ岳 2005.6.30 画像をクリック

長野県八ヶ岳 2005.6.30 画像をクリック

長野県八ヶ岳 2007.7.5 画像をクリック

長野県八ヶ岳 2007.7.5 画像をクリック

長野県八ヶ岳 2009.7.1 画像をクリック

長野県 2013.7.7 画像をクリック

長野県 2013.7.7 画像をクリック
        コハクラン
ラン科コハクラン属
Kitigorchiz itoana

長野・山梨・静岡の各県に分布
亜高山帯の針葉樹林内などに稀に生える
高さ20〜40cmの多年草。
1枚の葉がある球状の偽鱗茎があり、その
下にふつうの根茎が伸びる。
先には短く詰まって分枝する根茎がある。
葉は長さ15cm、縦じわがあり、主脈は白く、
越冬性である。
6〜7月、 茎の上部に長さ約8mmの小さな
花を下向きにつける。
唇弁は白地に紅紫色の班紋がある。
和名は琥珀色に由来する。
7年ぶりに観察したが、この場所は若い株
を含め、1m四方の狭い範囲に55個体が、
自生していた (2005.6.30)


    長野県八ヶ岳 2005.6.30 画像をクリック

       長野県八ヶ岳 2006.7.9

       長野県八ヶ岳 2006.7.9

         (バルブ≪偽球茎≫露出)
      長野県八ヶ岳 2007.7.5

    長野県八ヶ岳 2009.7.1 画像をクリック

    長野県 2013.7.7 画像をクリック

          (後方はヒメムヨウラン)
     長野県 2013.7.7 画像をクリック

トップページへ  前ページへ