コイワカガミ


長野県八方尾根 2005.7.6 画像をクリック

山形県 2011.7.23 画像をクリック
        コイワカガミ
イワウメ科イワカガミ属
Schizocodon soldanelloides f. alpinus

中部地方、大峰山に分布
高山の岩場、雪田周辺などに生える
高さ5〜10cmの多年草。
葉身は直径1.5〜4cmの円形〜広卵
形で、表面に光沢がある。
6〜7月、茎の上部に紅紫色の美しい
花を1〜5個つける。
イワカガミと紛らわしいが、イワカガミ
が針葉樹林下に生えるが、本種は雪
田周辺と生活環境が異なる。
日本海側の多雪地帯にはオオイワカ
ガミ
が生育している。
谷川岳や至仏山でも撮影している。


  長野県八方尾根 2005.7.6 画像をクリック

   山形県 2011.7.23 画像をクリック

トップページへ  前ページへ