コキツネノボタン


栃木県渡良瀬遊水地 2007.5.18 画像をクリック

栃木県渡良瀬遊水地 2007.5.18 画像をクリック

栃木県渡良瀬遊水地 2007.5.18 画像をクリック
         コキツネノボタン
キンポウゲ科キンポウゲ属
Ranunculus chinensis

北海道、岩手、栃木、千葉、山梨県の
5県に分布、群馬県は絶滅。
日当たりに良い湿地などに稀に生える
高さ25〜60cmの越年草。
キツネノボタンに似るが、 集合果は球
形ではなく、長楕円形。
葉は細くて、茎には開出毛が密生する。
5〜6月、茎頂に黄色の花をつける。
広大な渡良瀬遊水地でも産地は少な
く、なかなか出合えない。
付近にはケキツネノボタン、タガラシも
あるので、慣れないと同定は難しい


 (開出毛) 画像をクリック

    (拡大画像) 2007.5.18

   (集合果) 栃木県渡良瀬遊水地 2007.5.18

 栃木県渡良瀬遊水地 2007.5.18 画像をクリック

トップページへ  前ページへ