コオロギラン


高知県 2011.9.5 画像をクリック

高知県 2011.9.5 画像をクリック

高知県 2011.9.5 画像をクリック
       コオロギラン
ラン科コオロギラン属
Stigmatodactylus sikokianus

紀伊半島・四国・九州に分布
山地のスギ植林地などに稀に生える
高さ5〜10cmの多年草。
葉は長さ3〜5mmの卵形、上部に1枚、
基部に鱗片葉がある。
8〜9月、淡紫白色で、唇弁の中央に
暗紅紫色のある花をつける。
和名は花の形、唇弁の色をコオロギ
の羽に見たてことに由来。
高知県の植物に詳しいTさん、Mさん
にご案内いただき、 憧れのコオロギ
ラン見る事ができた。
快くご案内下さったお2人には記して
感謝の意を表したい。


    高知県 2011.9.5 画像をクリック

    高知県 2011.9.5 画像をクリック

    高知県 2011.9.5 画像をクリック

トップページへ  前ページへ