コタチツボスミレ


滋賀県高島市 2008.4.26 画像をクリック
        コタチツボスミレ
スミレ科スミレ属
Viola grypoceras var. exilis

タチツボスミレの変種
山地の草地や落葉樹林内などに生える
草丈5〜10cmのスミレ。
葉の基部は切形〜浅い心形、茎は匍匐
し、あまり立ち上がらない。
3〜5月、淡紫色〜濃淡色で、径約1.5cm
の花をつける。
関東地方では見られないが、 近畿地方
はごくふつうに観察できる。
葉の小さいタチツボスミレを本種としてい
るサイトもあるが、違いは一目瞭然


     滋賀県高島市 2008.4.26

トップページへ  前ページへ