コウホネ


長野県安曇地方 2006.8.7

長野県安曇地方 2006.8.7

栃木県佐野市 2006.10.13
            コウホネ
スイレン科コウホネ属
Nuphar japonicum

浅い池沼・水路などにやや稀に生える
多年生の水草。
葉は2形あり、 水中の葉(沈水葉)は細
長く、膜質をしている。
水上の葉(抽水葉) は長卵形〜長楕円
形で、長さ20〜30cm、先は鈍頭、基部
は矢じり形をしている。
5〜10月、円柱形の花柄を水上に出し、
黄色の花を1個つける。
和名は太くて白い地下茎を骨に見立た
ことに由来する。
群馬県は産地が少なく、館林市茂林寺
沼など数ヶ所のみである。


       群馬県館林市 1996.5.23

       群馬県館林市 1996.8.26

     栃木県佐野市 2006.10.13

 (ヒメコウホネ) 新潟県 2008.8.18 画像をクリック

トップページへ  前ページへ