コウシンヤマハッカ


長野県南部 2012.9.4 画像をクリック
      コウシンヤマハッカ
シソ科ヤマハッカ属
Rabdosia umbrosa var. latifolius(イヌヤマハッカ変種)
Plectranthus kameba var.latifolius(カメバヒキオコシの変種)

山梨県、長野県南部の山地に生える
高さ30〜60cmの多年草。
葉は長さ8〜12cm、幅5〜7pの楕円
状披針形で先は尖る。
8〜10月、枝先の総状花序に青紫色
の唇形花を多数つける
和名は甲信地方(甲州・信州)に産す
ることから名づけられた。
学名は混乱、イヌヤマハッカ、カメバ
ヒキオコシ両種の変種扱い。
産地は狭範囲で、中々出合えない。


   長野県南部 2012.9.4 画像をクリック

トップページへ  前ページへ