コウヤワラビ


栃木県 2008.11.14  画像をクリック
        コウヤワラビ
イワデンダ科コウヤワラビ属
Onoclea sensibilis var. interrupta

低地の田の畔や湿地などに生える
高さ30〜40cmの夏緑性シダ。
葉は栄養葉と胞子嚢の二形、栄養
葉の羽片は全縁で波打つ。。
胞子葉は2回羽状複葉で、 小羽片
は球状になる。
渡良瀬遊水地は随所に群生する。


   栃木県 2008.11.14  画像をクリック

トップページへ  前ページへ