クジャクフモトシダ


神奈川県真鶴半島 2007.12.10
         クジャクフモトシダ
コバノイシカグマ科フモトシダ属
Microlepia×bipinnata

フモトシダ×イシカグマの交雑種
両親の混生する林内などに稀に生える
常緑性シダ。
1926年、 牧野富太郎博士が、「植物研
究雑誌」第3巻12号で命名。
羽片が全裂、葉は2回羽状複性するが、
分裂は不規則である。
和名のクジャクは羽片の全裂する様子
を孔雀の尾に見立てたことに因む。
半島の常緑樹林下に散生していた。


    神奈川県真鶴半島 2007.12.10

トップページへ  前ページへ