クロビイタヤ


長野県小県郡 2006.6.14

長野県小県郡 2006.6.14
          クロビイタヤ
カエデ科カエデ属
Acer miyabei

長野、福島、秋田、岩手、青森、北海道、
群馬県に分布する。
山地の沢沿いなどの湿った林内に稀に
生える高さ10〜20mの落葉高木。
樹皮は黒ずんだ灰色。
葉は対生、葉身は直径7〜15cmで掌状
に5裂し、裂片は羽状に切れ込む。
花は雌雄同株、5〜6月、淡黄色の花を
円錐状につける。
果実は長さ約3cm、種子の部分に汚黄
色の毛がある。
果実が無毛のものをシバタカエデ (var.
shibata )と呼ぶ。
菅平高原には両種が自生している。


   (果実) 長野県小県郡 2006.7.3

     長野県小県郡 2006.6.14

トップページへ  前ページへ