クロヒロハイヌノヒゲ


群馬県吾妻郡 2008.10.3 画像をクリック

群馬県吾妻郡 2008.10.3 画像をクリック

群馬県吾妻郡 2009.8.17 画像をクリック
        クロヒロハイヌノヒゲ
ホシクサ科ホシクサ属
Eriocaulon robustius. var. nigrum

関東地方〜東北地方に分布
地の湖沼・水中などにやや稀に生える
高さ5〜15cmの1年草。
葉は長さ9〜17cm、幅5〜10mm、幅が
広く、花茎と同長になる場合もある。
8〜10月、花茎の先に直径7〜9mmの
黒色お頭花をつける。
総苞片は花よりも短く、長さ3〜4mm。
神奈川県植物誌は県内ではきわめて
少なく稀であると記している。
クロヒロハイヌノヒゲとしたが、クロイヌ
ノヒゲ
との区別は難しい。
産地は少なく、中々出合えない。


   群馬県吾妻郡 2008.10.3 画像をクリック

   群馬県吾妻郡 2008.10.3 画像をクリック

   群馬県吾妻郡 2009.8.17 画像をクリック

トップページへ  前ページへ